講座名: どうなる中国、どうする日中~米中対決と日本の立ち位置―第二次大戦に何を学ぶか~
講座番号: I0006

以前にこの講座を受講したことがある場合は「継続」をチェックしてください。

  

どうなる中国、どうする日中~米中対決と日本の立ち位置―第二次大戦に何を学ぶか~※開講時間が変更になっています。ご注意ください。

事務室にお問い合わせください

基本内容

講座番号
I0006
開催日
2022年5月7日(土)~7月30日(土)
回数
全9回
時間
13:10~14:40
定員
25 名
受講料
17,550 円
分野
政治・経済・国際関係 
レベル
 -
開催期
前期
 
 

講座内容

激化する米中関係、新冷戦を危惧させる中、日本の進路はどうあるべきか、今年の秋に党大会を控えた習近平政権の内政・外交政策と、第14次5カ年計画の内容を踏まえて考察します。参加者の活発な意見交換を目指します。

対象者

興味のある方ならどなたでも

教材

プリント配付

備考

※開講時間が変更になっています。ご注意ください。

スケジュール

開講年月日 講義内容
1 2022/05/07 13:10~14:40 ※今期より開講時間が変更になっていますので、ご注意ください。 最新の中国事情について、プリントなどを交えて読み合わせをしつつ解説。テーマに応じてはディスカッションや受講生の自主発表も交えます。
2 2022/05/21  
3 2022/05/28  
4 2022/06/18  
5 2022/07/02  
6 2022/07/09  
7 2022/07/16  
8 2022/07/23 7/30休講分の補講 ※教室が変更になります。
9 2022/08/06 6/11休講分の補講

講師紹介

三潴 正道
(麗澤大学名誉教授)

1948年生まれ。東京外国語大学大学院修了。NPO法人日中翻訳活動推進協会(而立会)理事長、(株)海外放送センター顧問。時事中国語・日中異文化コミュニケーションの専門家。企業の中国研修講師として広く活躍。著書・訳書に『「氷点」停刊の舞台裏』『必読 ! 今、中国が面白い(2007年版以降毎年出版)』(以上日本僑報社)、中国語論説体&ビジネス中国語用テキストして『論説体中国語 読解力養成講座』(東方書店)、『ビジネスリテラシーを鍛える中国語Ⅰ、Ⅱ』『時事中国語の教科書』シリーズ(以上朝日出版社)等。2001年よりweb上で毎週、中国時事コラム『現代中国放大鏡』を連載。

事務室にお問い合わせください

ページの先頭へ